民間の医療保険に加入している場合、出産での入院や帝王切開の費用が給付されることがあります。

身近にある急な出費-資金調達方法まとめ

MENU

出産費用について

まとまったお金の必要なことの一つに、出産があります。

 

妊娠、出産は、病気として考えていないため、保険がきかなくすべて自費となりますがその費用に対しては、各保健機関から「出産育児一時金」が支払われ、民間の医療保険でも、帝王切開や異常妊娠などに対する入院給付金が支払われます。

 

 

出産育児一時金について

出産にたいして、大金が必要ではないかと不安に思い、資金繰りをどうすれば良いかと悩んでいる人もいると思いますが一般的に、どのくらい出産費用が掛かるのでしょうか。

 

全国平均の出産費用は約42万円のようですが、東京で約51万円、熊本で約34万円とどこで出産するかにより金額が変わります。

 

公的な支援として支払われる出産費用を出産育児一時金といい、現在の時点で42万円支払われます。
この費用は、現在の日本の少子化対策として、以前よりも、少し増額された金額です。

 

かつては、出産した時点で、自分で病院に支払い、その後保健機関に申請して受け取るというシステムから、出産時にまとまったお金のない場合などに対応するように、直接支払制度が導入されました。

 

このことにより、現金がない場合にも安心して出産できるようになりました。

 

このシステムには、問題点があり、金額の受け取りに2か月の時間がかかるために、病院の規模により病院側の負担が大きく対応きないところや、システム導入が遅れている場合なども現在はあるようですがその場合には病院側からの直接支払制度には対応していないとの説明があり、合意書を書くというようになっています。

 

どうしても事前に支払うだけの費用が用意できない場合には、個別に医療機関にお願いをして、社会保険協議間のおこなう資金貸付制度等の利用をするという方法があります。

 

 

民間の医療保険による帝王切開出産時などの手術給付金

民間の医療保険に加入している場合、出産に対する入院や、帝王切開の費用に対する給付がされることがあるため契約書を良く目を通しておくようにします。

 

異常妊娠の場合には、入院給付金の対象となります。
たとえば、前期破水を起こして入院の必要がある場合、分娩までの入院は健康保険適応となり、入院給付金支払いの対象となります分娩後の入院に対してはこの対象ではありません。

 

医療保険に加入する場合に、今後出産予定がある場合には、保険の内容を検討するときに帝王切開などに対する支払いがあるのかどうかという点にも注目しておくようにしましょう。