葬儀のスタイルにより、葬儀費用を香典で賄える場合もあります。

身近にある急な出費-資金調達方法まとめ

MENU

葬儀費用の目安、相場から香典で賄うお葬式

急な出費の一つに葬式費用があります。

 

自分の家族がなくなった経験のない人が多く、自分が支払う立場である場合はほとんどの人が初めての経験の場合が多く、一体いくらかかるのかと不安に思う場合が多いようです。

 

 

葬儀費用の目安

葬儀にはいろいろなスタイルがあり、近年は、身内だけ儀式などもないようなものも多く行われていますが住んでいるところや、亡くなった人や喪主の社会的地位などでは、内々では済ませらえない場合などもありそういう時には、費用も掛かってしまいます。

 

大体の目安として最低100万円あれば、葬儀はできるようです。

 

もっと費用を抑えたいならば、火葬のみで、儀式は行わないならば30万円くらいに抑えることも可能です。

 

葬儀社による平均にかかる費用は200万を超えるよう表示されていますがこれはよほど大きなお葬式でない限りは、この様な金額にはなりません。

 

葬儀社に直接相談した場合には、ある程度の金額を表示されますが、最善を尽くして最高の場合の金額で何が要らないのかを見極めれば、ここまでかかることはまずありません。

 

お寺などへの儀式のお布施などには15万~50万円ぐらいを目安にしますが今までの寺などとのお付き合い等により、その金額がかなり変動しますので直接お寺に相談されることをお勧めします。

 

キリスト教、神道、仏教などでも金額は変わり、また宗派によりかなりの差があるため、直接に相談する方が良いでしょう。

 

 

家族葬か、参列者の多い葬式にするのか

故人と特に親しかった、身近な人だけで、お別れをしたいという理由から参列者の多い葬式ではなく、家族葬を選ばれるという人が増えています。

 

こじんまりしたお葬式ですと、会場も小さい所で抑えられ、金額も少なく済みます。

 

故人が社会的地位もある、多くの参列者が予想される場合には参列者が100人を軽く超えるということも考えられます。

 

そういう場合に、予想されるのが香典です。

 

親戚など近い人からは1万円ほど、あまり親しくないおつきあいだけでも、最低7000円の香典が相場となっているようです。
もし100人の参列者がある葬式ならば、会場費などが、家族葬よりは、若干かかりますが、葬儀にかかる総計は100万円かかったとしても100人が、すべて7000円だとすれば、70万円となり、その差額で30万円で済みます。

 

親戚や、近い友人もこの中に、に含まれているので、実際はもう少し多くの合計金額が予想されますので30万円以下という計算です。

 

家族葬式でも、最低限の祭壇や棺桶代、霊柩車、火葬、などの費用が60万円近くかかり身内と言っても20人ほどの食事代などの接待費用に10万円近くかかると計算すれば、70万円に20人がすべて1万円の香典を持ってきていただいたとして、20万円ならば50万円かかるという計算になります。

 

中には、相場である7000円ならば50万円以上ということになります。

 

 

今後のお付き合いや、喪主の社会的な立場などを考えると、かえって盛大に行う方が良い場合もあり身内で済ませるという理由が、経済的な問題ならば香典で賄う葬式という考え方も有効であると思われ多くのひとが、簡単に済ませた葬儀を行った後で、もっとこうすれば良かったと後悔しているケースが多くみられやり直しのきかない事なので良く考えて選択をしましょう。