カード会社にバレると、残金を一括請求されたり、カードが利用停止になる場合があります。

身近にある急な出費-資金調達方法まとめ

MENU

クレジットカード現金化

 

クレジットカード現金化とは、クレジットカードの機能である買い物のための「ショッピング」枠を使って購入をし、その後購入した物品を購入金額よりも低い金額で買い取ってもらうことにより、現金を得られるようにする方法です。

 

一見、すぐに現金を得るにはよさそうな方法に見えますが、クレジットカード現金化の方法自体が、違法ではないものの黒に近いグレーゾーンの方法であることを、肝に銘じておかなくてはいけません。
国もクレジットカード現金化という方法は認めていません。クレジットカード現金化と言う営業許可を出しているわけではありません。

 

クレジットカード現金化は購入した金額よりも安い金額で買い取ってもらうわけですから、結局はいくらか負債を背負うことにもなります。また、犯罪やクレジットカードの番号が読み取られるなどの、トラブルに巻き込まれる危険性もあります。

 

クレジットカードの対応

 

クレジットカード会社は、クレジットカード現金化を認めていません。クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の「会員規約」に違反することになります。

 

クレジットカード

クレジットカード会社にクレジットカード現金化を見破られた場合、そのペナルティとして、「残金の一括請求」を課されたり、最悪の場合「クレジットカードの利用停止」や「クレジットカードからの強制退会」になってしまう恐れもあります。

 

また、それらの情報はクレジットカード会社の登録しているデータベースに残ってしまい、その他にクレジットカードを新たに契約することも難しくなってしまいます。
クレジットカード現金化を行おうとする際には、色々なリスクがあることを考える必要があります。

 

急に現金が必要になった場合でも、クレジットカード現金化ではない、別の方法を考えたほうが無難で良いでしょう。