借り入れの条件に就業している必要があるのは、年収を基準にしているからだと思われ、「使用目的」を提示する必要があるのは、借り逃げなどの「不正行為」の防止のためでしょう。

身近にある急な出費-資金調達方法まとめ

MENU

銀行から資金を調達するための方法(最高額や条件など)

いざというときの資金調達法の一つとして、銀行を利用するというのがあります。

 

というよりも一番に思いつく選択肢だと思います。

 

ですので、その条件や借りられる最高額などをご紹介したいと思いますのでお付き合いください。

 

 

 

まず、条件についてですが、

一般的に「使用目的」を明確に提示する必要があります

 

つまり、「何に使うのか」、「何故必要なのか」ということです。

 

それに加えて、

  • 就業していること(安定した収入がある)
  • 未成年でないこと(未成年は保証人が必要)
  • 常に連絡の取れる方法を持っている方(携帯でも可)
  • 過去に金融事故(任意整理・自己破産・支払遅延)の履歴がない方

などは問題なく利用できるかと思われます。

 

 

銀行によって細部に違いは見られるものの基本的には以上の条件を満たしていることが最低条件となります。

 

 

銀行

このように言うと、なんか面倒なんだなと思われるかもしれませんが、まとめると非常識なことをしていないこと。

言い換えれば、常識的であればいいという風にも言えるわけです。

 

 

当たり前の事が条件として載っているものだと思ってください。
あまりにもおかしいことを言っていない限りは、申請は許可されるものです。
最も、手続きに多少の期間は必要ではあります。

 

しかし、即日で貸してくれるところは普通はそう多くはないので仕方がないと思います。

 

 

 

 

次に、借りられる最高額についてですが、これも銀行によって異なる部分はありますが

一般的には、目的ローンの場合が年収の半分まで。
直接の現金の貸付だと年収の1/3までになっています。

 

就業している必要があるのはおそらく年収を基準にされているからだと思われます。
銀行の場合は特にここが重視されることになります。

 

 

また、「使用目的」を提示する必要があるのも借り逃げなどの「不正行為」の防止のためでしょう。

 

金融機関はどこもそうだろうとは思いますが、特に銀行はその部分を徹底しています。

 

常識があれば大丈夫とは言いましたが、審査が簡単に通ると言っているわけではありません。

 

お金を借りるとはそういうことですし、一般的な常識があれば問題はないだろうという意味なのでそこは間違えないようにお願いします!

 

 

>>消費者金融から調達についてはこちら<<