ご祝儀袋に入れるお金は、必ず新札であることがマナーです。

身近にある急な出費-資金調達方法まとめ

MENU

結婚式のご祝儀とは

 

結婚式のご祝儀とは、結婚した方への気持ちを現す為に送る金品のことです。

 

結婚式のご祝儀の場合、披露宴の会場入り前に受付で記帳をする際に受付に渡します。
結婚式のご祝儀には、結婚する人が自分とどういった関係性なのかにより、相場が決まってきます。

⇒合わせて知っておきたい身内の冠婚葬祭の費用

 

また、ご祝儀袋に入れるお金は必ず新札にしましょう。手持ちにない場合は、銀行に行けば新札に交換して貰う事が出来ます。

 

友人関係は30,000円

ご祝儀でお金が飛ぶ図

友人関係のご祝儀の相場は30,000円です。

多すぎもせず少なすぎもしない、一般的な相場金額と言えるでしょう。

 

しかし、自分の経済状況が厳しい場合は20,000円でも大丈夫でしょう。
昔は結婚式のご祝儀金額が「偶数」であると、割り切れてしまう為縁起が悪いとされてきました。
しかし、最近は20,000円という金額も一般化してきており、友人からのご祝儀として決して失礼には当たらない金額になっています。

 

また、「2」という数字は「ペア」と考えられ、縁起が良いとの考え方も増えてきています。

 

夫婦で友人の結婚式に出席する場合は50,000円

友人関係のご祝儀の相場は30,000円なので、二人で出席する場合だと単純に2倍にして60,000円だと思われがちですが、偶数は避けたほうが良いとされているため、50,000円が相場となります。引き出物は夫婦で1津になる事が多いので、ちょうどいいのかも知れません。

 

兄弟や親戚の結婚式のご祝儀

親戚であれば、相場の30,000円で大丈夫でしょう。家族で参加するのであれば、その人数によって前後しますが、例えば夫婦と子供が二人であれば、子供の年齢により8~10万円ほどで大丈夫でしょう。

 

兄弟であれば、相場は50,000円です。夫婦であれば100,000円、子供もいるのであれば、それに見合った金額を包むべきでしょう。