交通違反の点数が規定を超えると、免許停止や免許取り消しの行政処分を受ける事になります。

身近にある急な出費-資金調達方法まとめ

MENU

交通違反を起こした場合

 

交通違反の内容により点数がつけられ、それに相当した反則金を支払う事になります。

 

この点数は過去3年以内のものが合算され、規定の点数を超えると「免許停止」や「免許取り消し」の行政処分を受ける事になります。

 

行政処分を受けてしまうのには「前歴」が何回あるかによって決まってきます。前歴が多いほど、少ない点数で免許停止や免許取り消しをすぐに受けてしまいます。
ただし、違反から1年間無違反であれば、それまでの累積点数や前歴は「0」にリセットされます。
反則金は違反内容や違反点数や乗っている車の大きさ(普通車か大型車)によって変わってきます。

 

15km未満の速度オーバーなどの軽微なものであれば7,000円くらいですし、酒気帯びなどの重度なものであれば500,000円ほどになってしまうものもあります。

 

 

交通事故を起こした場合

交通事故

交通事故には大きく分けて物を破損する「物損事故」と人的被害を起こしてしまった「人身事故」に分けられます。

 

物損事故であれば基本的に刑事上の責任を問われず、「行政上の責任」と「民事上の責任」が問われることになります。

 

「行政上の責任」とは「交通違反」の事で、例えば飲酒や速度違反などの事です。なんらかの交通違反を犯していると認められれば、それに相当した点数を引かれ、反則金を支払う事になります
「民事上の責任」とは「損害賠償」のことであり、事故の過失割合に応じて被害者に支払う金額の事です。

 

示談交渉は自動車保険会社が行い、保険会社が保険金を支払います。示談がうまくいかない場合は、裁判所での調停や訴訟になる場合もあります。
人身事故の場合は、「行政上の責任」と「民事上の責任」以外に「刑事上の責任」を問われる事になります。

 

刑事上の責任」とは「刑事処分」の事で、人身事故の事故の度合いによって罰金刑か懲役刑かが決まります。
罰金は事故の度合いにより、120,000~500,000円ほどとなります。

 

交通事故だとどうしても急遽お金が必要になり、はクレジットカード現金化に手を出す方も最近は多いです。事故を起こさないよう注意して運転することが第一でしょう。