医療保険に加入しておくと、急な出費に対する不安がなくなり安心して療養できます。

身近にある急な出費-資金調達方法まとめ

MENU

急な入院に備えて医療保険に入っておく

急な出費があって、そのためにお金の工面をする為に、自分で行動できないのが怪我や、病気での入院です。

 

転ばぬ先の杖に、医療保険に加入しておくと、急な出費に対する不安もなく安心して療養できます。

 

 

入院したときに必要な費用はどのくらいなのか

医療保険に加入する前にある程度どのくらいの金額が入院したら必要なのかを把握しておくことが必要です。

 

70歳未満での治療費は3割は自己負担となっていますが、所得により1か月の自己負担限度額があります。

 

  • 一般     80,100円+【医療費ー267,000円)×1%
  • 上位所得者 150,000円+(医療費ー500,000円)×1%
  • 市町村民税非課税所帯等    35、400円

 

たとえば医療費が100万円の場合に、一般の人の1か月自己負担限度額は87,530円となります。

 

手術の費用はその症状によりかなりの差がありますが、手術給付金付きの保険の場合、一日の給付金の何倍という形での給付金が支払われるシステムとなりたいていの手術費用に対応できるような金額が設定されています。

 

長期の入院が必要な場合などにはそれなりの金額もかかり、約1か月入院する場合なども考えられ自己負担が20万円近くなるケースもあるようです。
基本的にお金を借りるはNG!なのできちんと考えておく必要があります。

 

 

医療費以外のプラスして必要な費用

食事代は1食につき260円 (1日3食780円)が必要となります。
その他にも個室などを希望すると差額ベッド代が必要です。

 

差額ベッドの費用は病院によって費用が違い平均値は

  • 4人部屋 2、346円
  • 3人部屋 2,812円
  • 2人部屋 3,065円
  • 1人部屋 7、583円

 

この差額ベッド代は、通常の6人部屋の場合には、ベッド代は入院費に含まれますが、自ら希望した場合に病院が定めた費用を支払うというもので、あくまでもこの費用は平均値で、特別室は8万位円以上するようなところもあります。

 

この他、入院時には、家族の交通費や外食代など、医療費以外にもかかる費用も普段の生活とは変わるために意外と出費があるものです。

 

最低1日5000円の入院給付金があれば、食事代等にもほぼ対応でき、手術特別給付金がもあるものにしておくことをお勧めします。

 

諸費用に関しては、カバーできないことが多くあり、日額1万円であれはほぼカバーできるようです。

 

毎月の保険料を、生活費から支払うということになるので、条件などをよく検討してまずは安心できる終身医療保険に1日5000円の給付金のある保険に加入して保険料を抑えておくように検討し自分の支払い能力に対応して定期医療保険に給付金5000円で加入して自動更新にしておくということも可能です。