家族や友人に返せる範囲で借りるのは問題はないと思われますが、約束通りに返すことが必要であり、あくまでも常識の範囲内で行いましょう。

身近にある急な出費-資金調達方法まとめ

MENU

家族や友人にお金を借りるときは信用問題に関わるので注意!

お金を借りる際に一番負担が少ないのは家族や友人に借りる場合ではないでしょうか。

 

精神的にも楽ですよね?

 

利息などの心配もしなくて済みます。

 

しかし、注意点として、信用問題があると思います。
あと、金額の上限ですね。

 

 

これは、明確に設定されているものではないのであまり考える人はいませんが、当然の事として膨大な金額を要求したりすれば、断られます!

 

友人のみに限ったことではなく、家族や親戚でもそうなるでしょう!

 

なので、友人にはあくまで生活費に困っているから少しだけ借りるというのが現実的かと思います。

 

数十万単位でなく数万単位ですね。

 

 

 

それ以上になると家族になってきますが、家族だからOKというのは考えとして甘いと言わざるを得ません!

 

今、親である年齢の方というのは、本当にお金に苦労してきた人たちです。

 

そのため、誰もがというわけでこそないものの金銭の事については、シビアな考えを持っています。

 

 

義務教育や大学のための学費やその生活費までは面倒を見てくれるかもしれませんが、基本それ以外の事は自己責任において行われる必要があります!

 

銀行や消費者金融とは確かに違いますが、家族ならばと思って平然と借りていたらそれらと同じで信用を失うでしょう!

 

 

 

友人についても同様です。

 

しょっちゅう借りにくるようなやつを信頼はできません!

 

家族

この点については、形こそ違っても銀行や消費者金融と変わらないと言えるのです!

むしろ家族の信用を失うことはある意味孤立無援になることと同義です。

 

 

家族だからではなく家族だからこそという考えを持ってほしいと思うのです。

 

銀行や消費者金融を利用する人たちの中には、家族に心配をかけたくないからという理由で借りる人たちもたくさんいます。

 

それは当たり前のことで常識であるとさえ言えます。

 

常識があまりにも欠けていればこうした大事な人たちにも見放される可能性があることを覚えておいていただきたいと思います。

 

逆に言うと、返せる範囲で借りるのは問題はないでしょう。

 

もちろん、約束通りに返す必要はありますが。
あくまでも常識の範囲内で行ってくださいねということです。