犬や猫には、保険で効かないフィラリア予防薬の処方が必要です。

身近にある急な出費-資金調達方法まとめ

MENU

 

どんな動物であれ、ペットを飼うには費用がかかります。

 

金銭以外にも、ある程度の覚悟が無ければペットを飼う事が出来ません。
ペットを飼うにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

食事代

ペットの食事

小さな動物のほうがお金はかかりません。

 

例えばハムスターなどの小動物であれば、ペレットと言われる固形の餌が1匹に付き約500円ほどとなります。
猫であれば、1匹に付きドライフードが約1500円ほどです。

 

犬は大きさにもよりますが、小型犬であれば1匹に付きドライフードが約2,000円、中型犬であれば1匹に付きドライフードが約3,000円、大型犬であれば1匹に付きドライフードが約6,000円ほどかかります。

 

ドライフードは買う品物により金額も異なり、缶詰やおやつなどを足せば、これ以上の費用がかかります。

 

おやつなどはしつけはドライフード以外の栄養を取る為に必要なものがあったり、しつけの上でも欠かせないものです。

 

消耗品

トイレなどの消耗品も毎月必ずかかってきます。小さな動物のほうが消費量が少ないのでお金はかかりません。
飼う動物によって砂であったり、ペットシーツであったりします。ペットシーツは、大きさや枚数にもよりますが、大体月3500円ほどします。

 

シャンプーやトリミング

自分で毛づくろいする猫や小動物や家で対応できる毛の短い犬などは大丈夫ですが、毛の長い小型犬や大型犬は定期的なシャンプーやトリミングが必要になってきます。
トリミングの仕方やシャンプーの内容や犬の大きさによっても異なりますが、大体2,000~4,000円ほどになります。

 

保険代

現在様々なペット保険が販売されており、年齢や動物の種類によって金額が変わってきます。
また、保険で効かないフィラリアなどの予防注射などの貯蓄もしておくべきでしょう。