妊娠中でも加入できる女性向けの医療保険では、入院給付金なども支払われるものがあります。

身近にある急な出費-資金調達方法まとめ

MENU

妊娠中の妊婦さんでも入れる保険

病気や、入院に備えて、医療保険に入っておくことで急な出費に備えられますが、女性は一生のうちに妊娠出産というイベントがあるため、医療保険に加入するという時には、いろいろな制約があります。

 

 

女性が医療保険に入っておくタイミング

女性は一生のうち、妊娠、出産により、男性よりも、病気や入院の可能性も高くなります。

 

出来れば、妊娠前に医療保険に入っておく、例えば子どもができる可能性が高い結婚を機会に入るなど、妊娠前に加入することで急な出費の不安が少しは軽減されます。

 

医療保険に加入するにも、妊娠する前に加入できても、出産時に帝王切開をした場合は、手術を受けたという扱いとなり
5年間医療保険に加入できないということがあります。

 

妊娠が分かり、27週目までであれば、ほとんどの医療保険に加入することは可能です。
加入直後の帝王切開に対しては、手術給付金は、保険の対象外となり、もらえないというケースがほとんどです。
妊娠中でも入れる、女性向けの医療保険などが、探せばあるようですが、直後の妊娠については対象外で保険金が支払われないという場合も多くあるので、注意が必要です。

 

 

直後の妊娠でも保証できる保険とは

子供を出産した場合に、出産費用として国から「出産育児一時金」が支払われ、最近改訂された法律では、病院によれば、いったん支払ってからの請求ではなく、直接病院に支払われるような場合もあり、急な出費に対応できるようになりました。

 

妊娠前にすでに民間の医療保険に加入していると異常妊娠、異常分娩に対して、入院給付金は支払われるように契約されており入院給付金がもらえる場合があるので、今加入している契約書を良くチェックしておきましょう。

 

医療保険に加入していても、通常妊娠であると、入院給付金は対象外となっていることが多くその点もチェックをしましょう。

 

この様な事を考え、女性の妊娠なども考えた、女性向けの医療保険では、入院給付金なども支払われるものがあります。
妊娠前から入っておくことが前提で、直後の妊娠は対象外となるものもあります。

 

比較的小さな額の保証と、短期の保証をする、少額短期保険会社という保険会社が数年前から登場しておりその中には、毎月、3000円以下の掛け金で、入院費用、一時金なども支払われる場合があります。

 

妊娠中にも加入でき、一日5000円の入院給付金がつき手術をして1週間入院した場合、約10万円の保険の支払いがされる場合があります。

 

注意することは、保険に加入する前から、医師から帝王切開、妊娠中毒症などの示唆をされている場合には対象外となります。

 

告知する段階で、このことを正直に伝え、保険に加入が可能かどうかを判断されます。

 

持病などを偽って、告知して加入できたとしても、保険支払の時点で、治療などの調査をするため嘘をついているかどうかは、ばれてしまい、結局支払われないこともあるので正直に告知をします。